毛豆菜園 緑八(みどりや)の日記

青森の毛豆「みどりや毛豆」を全国の皆さんに知って頂こうと日々模索している毛豆おやじの記録。ぜひ皆さんの力をお借りして「みどりや毛豆」をブランドに。

みどりや毛豆の始まり(最終話) お客さんありがとうございました

f:id:kemamesaien:20200318180458j:image

 

今日も一日お疲れ様でした。

 

いよいよ1年目の野菜販売の最終話です。

大本命の毛豆の販売日は天気にも恵まれ運も味方してくれました。青森の枝豆と言えばやはり毛豆。地元青森の人でも毛豆が出始める頃には道の駅や直売所に毛豆を求めてお客さんが買いに行くのです。

 

しかし、農家の皆んなが出荷するので直売所は毛豆の山。当然、売れ残る毛豆もでるので値下げ合戦が始まるのだった。もっと自分の毛豆に自信を持てばいいのにといつも考える。価値を全く考えず売りたい気持ちが先行するのだろう。

 

しかし、私の販売場所は私だけの販売所。なので価格は常に安定していた。

毛豆販売日の初日は見事に完売だった。

うれしいのはそれだけではなかった。

次の販売日もまた次の販売日も同じお客さんが来てくれたのだった。

「この毛豆、美味しいよ。」地元民に言われることは最高のご褒美だった。結局、毛豆はホームページで売れることはなかった。しかし、畑で栽培した毛豆は対面販売で全て完売したのだった。

 

その後も11月上旬まで野菜販売を続け、お客さんも口コミで増えていった。

 

「あそこの野菜は新鮮だよ。」

「あそこの毛豆は美味しいよ。」

 

 

1年目の物語はこれで終わります。詳しく書くと何話まで続くかわからないので簡単に書きましたが、私にはとても充実した1年でした。お客さんありがとうございました。

 

2年目から現在まではまた後ほど。

1年目の課題を一つずつ解決していくのです。

 

 

完。

 

 

↓みどりや毛豆ホームページ↓

https://www.midoriya-saien.com/

 

毛豆おやじ奮闘中😊